参照 Dev:PukiWiki/関数一覧表/config.php

プラグイン作成時に使用する機能。

プラグインのソースで、次のように使用する。

初期化paraedit

require_once(LIB_DIR . 'config.php');
$config = new Config('plugin/プラグイン名');
if (!$config->read())
{
	return array('msg' => 'plugin error', 'body' => "<p>config file does not exist.");
}

利用方法paraedit

get_titles()メソッド*1paraedit

$titles = $config->get_titles();

これで第1レベルの見出し一覧を配列で取得。PukioWikioオリジナル

& get()メソッドparaedit

$item = & $config->get('title1');

getメソッドで表の中身をarrayで取得。ヘッダ、フッタは無視される様。複数の表がある場合は最後の表のみ有効。 この場合

Array(
   Array('0'->'a1', '1'->'a2', '2'->'a3'),
   Array('0'->'b1', '1'->'b2', '2'->'b3')
)

が取得できる。

configページ書式paraedit

*title1

|dummy|dummy|

|dummy1|dummy2|dummy3|h
|a1|a2|a3|
|b1|b2|b3|
*title2
|c1|c2|
|d1|d2|
*title3
--e1
--e2
--e3

*1PukioWikio 0.0.16以降

トップ 編集凍結差分バックアップ添付複製名前変更リロード 新規一覧 単語検索 最終更新  ヘルプ  最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-05 (金) 12:45:41 (4255d)